Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

コガービロードヤモリ II

Oedura coggeri Oedura coggeri

スポテッドとするとOedura tryoniあたりと混同しかねないのでとりあえずコガービロードヤモリと呼ぶことに。

で本種だけど他の人の写真やらを見たところではパターンにどうやらある程度の地域差があるみたい。具体的にはスポットの縁取りの広さとか指の模様のかかり方etc。
ただもちろんはっきり検証されたワケではないし圧倒的に僕の主観でしかないのでこれ以上は言及しないでおきます。

Oedura coggeri Oedura coggeri

紫がかった、というより黄色の薄い個体。
上の個体と同じ場所で見つけた個体で見ての通り結構チガウ。他にも2匹ほど見たけどこの2匹の間くらいが平均ですかね。

本種みたいな分布の狭い種は個体差が少ないと勝手に思い込んでいたのでちょっとびっくりでした。
ヒルヤモリチビヤモリみたいに性差だ!!とかだったらわかりやすくて素敵ですがこれは先天的なもののはずですからね。

まだまだ学が足りないなぁと思った次第です。

スポンサーサイト
  1. 2011/06/10(金) 21:52:45|
  2. イシヤモリ科 Diplodactylidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジグザグビロードヤモリ

Zigzag Velvet Gecko Oedura rhombifer Zigzag Velvet Gecko Oedura rhombifer

ビロードヤモリことベルベットゲッコーOeduraにしては色味がないですが本種とO.lesueurii, O.jacovaeは他のOeduraメンバーとは距離があり形態的なスタイルやら大きさも結構違います。

まぁ本ブログでたびたび出てくる表現ですが、要は地味なのです。

Zigzag Velvet Gecko Oedura rhombifer Zigzag Velvet Gecko Oedura rhombifer

確かにジグザグ・・・。

この場所では本種に先のコガーO.coggeriそしてお馴染み?ハスオビO.castelnauiがでました。同属の爬虫類が同所的に3種ってことですがうまく住み分けていたようで、この辺の細かい部分での住みわけってのはおもしろいテーマだと思いますね。

ちなみにこの子、見ての通り幼体(亜成体といえるレベルではあったカモ)ですが同じ倒木にもう一匹小さいのがいてちょうど2匹だったので兄弟だったんでしょう。
頑張って大きくなるんだよ☆


  1. 2011/05/27(金) 21:41:04|
  2. イシヤモリ科 Diplodactylidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スポテッドヴェルヴェット

P1160960_20110105095510.jpg Spotted Velvet Gecko Oedura coggeri

和名(通名)はコッガービロードヤモリ?だそーな。
この学名はオーストラリアで最も有名な爬虫類学者であるCogger氏への献名だと思うので、発音的にはコガーだと思うのですが・・まぁ学名をそのままローマ字読みしたときはよくある事ですが。アミアエとかね、まんまじゃんか。

ともかく今回の遠征最大の目標だったヤモリ。岩肌に輝くヴェルヴェット。
とりあえず肩の荷が下りたぜ。

P1160946_20110105095442.jpg Spotted Velvet Gecko Oedura coggeri

で、本種ですが結構出ます。まぁ分布はかなり狭いですから、そういう意味で少し心配でもありましたが何とか出せました。ただかなり個体差があるようで他のは黄色の発色がイマイチで、この個体を見るまでは少々がっかりしてたのも事実です。

岩の上だったので逃げられまいと警戒してましたが、本種は面白いほど岩の上から降りようとしない(地面すれすれで躊躇してUターンする)ので隙間にはいられない限りは充分撮れると思いますね。

P1160978_20110105095533.jpg Spotted Velvet Gecko Oedura coggeri

何気に僕はOeduraが初めてだったのでそうゆう安心感もありましたね。こんな大きい属の一種も見てないなんてどーゆー事!?ですから。

まぁもう一つの目標だったファットテイルが出なかったのはムカつきますが。Fuck Tail.

  1. 2011/04/03(日) 02:03:27|
  2. イシヤモリ科 Diplodactylidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ミナミトゲオイシヤモリ

ミナミトゲオイシヤモリ Southern Spiny-tailed Gecko Strophurus intermedius ミナミトゲオイシヤモリ Southern Spiny-tailed Gecko Strophurus intermedius
トゲオイシヤモリ(と呼んでいいのか)Strophurus属は長い間憧れだったので見つけた時はうれしかったのですが本属の特徴である長い手足とトゲ尾と瞳孔をうまく引き出せぬまま闇の中へ・・。

ミナミトゲオイシヤモリ Southern Spiny-tailed Gecko Strophurus intermedius ミナミトゲオイシヤモリ Southern Spiny-tailed Gecko Strophurus intermedius
本属は主に乾燥した林、Spinifex帯に生息し危険が近づくと背中と尾の穴から粘液を出すという特異な生態で有名。代表種はオーストラリア最美のヤモリと言われるGolden-tailed Gecko Strophurus taenicaudaか。

ミナミトゲオイシヤモリ Southern Spiny-tailed Gecko Strophurus intermedius ミナミトゲオイシヤモリ Southern Spiny-tailed Gecko Strophurus intermedius
もっと強い光を当て瞳孔を閉じさせたほうがよかったな。とにかくアンダーウッディに続いてリベンジせねばならない種類がまた増えましたね・・。

そういえば昔のビバガの新着コーナーに本種の名前がありましたが写真の個体はS.rankiniではと。まぁ後から訂正が入ったかもしれませんが。

  1. 2010/05/07(金) 23:15:06|
  2. イシヤモリ科 Diplodactylidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クチバシヤモリ II

クチバシヤモリ Beaked Gecko Rhynchoedura ornata クチバシヤモリ Beaked Gecko Rhynchoedura ornata
一属一種の変わったヤモリですね。
さっきちょっとググってみたけどどっかしらの国ではペットとして流通しているそうです。

クチバシヤモリ Beaked Gecko Rhynchoedura ornata クチバシヤモリ Beaked Gecko Rhynchoedura ornata
正面から見るとだいぶヤバい。かなり縦に平たい・・というか正面から見ると確かに「クチバシ」。
シロアリ専食と言われていますがどうなのでしょう・・自分の知っている野外での生態からではイマイチ納得しかねるので一度食べているところを見てみたい。腹は裂きたくないですしねぇ。

クチバシヤモリ Beaked Gecko Rhynchoedura ornata クチバシヤモリ Beaked Gecko Rhynchoedura ornata
分類に関しては明らかにDiplodactylus、Lucasiumに近縁。まぁ生態や見た感じの印象からもそんな感じですね。本種の有名?な生態にクモ(恐らく主にコモリグモ)の巣に住み着くというのがありますがもしかしたらこの細長い体型はそのためなのかもしれません。言ってもタマオだって使うみたいだし隠れればどこでもいーみたいですが。

分布域は広いのですがちょっと前からいくつかの亜種に分けられるとかなんとかいう話がありますね。
先進国といえどもこの国、まだまだ未知の部分がありそうです。
  1. 2010/01/13(水) 23:18:29|
  2. イシヤモリ科 Diplodactylidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (71)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード