Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エリマキトカゲ

エリマキトカゲ Chlamydosaurus kingii エリマキトカゲ Chlamydosaurus kingii

特別好き、というわけではないですがこの辺は見逃したらキツイですよね。
一般の方でも見たことがある人が多いトカゲですから多少の焦りはあったのですが今回2匹ほどお目にかかれました。

エリマキトカゲ Chlamydosaurus kingii  エリマキトカゲ Chlamydosaurus kingii
光の当たり方が(も?)最悪・・・。なんかワギャンランドみたいじゃない?

お決まりのように怒っていただきました。かなり迷惑そうだったが許しておくれ。
ただ日本人のツアーガイドが本種を捕まえて観光客に触らせるという愚行をしているらしいが普通に法に触れているし止めたほうがいいと思う。

ヒガシやフトアゴあたりと住み分けているのかと思ってたのですが分布は多少被るみたいですね。
この子はかなりの老成個体らしくフリルもところところ破れておりました。

エリマキトカゲ Chlamydosaurus kingii エリマキトカゲ Chlamydosaurus kingii

発見時。シュールよのう。

結構数も多く、一般人の方にもなじみ深いトカゲですが何故か僕はイマイチ巡り合わせが悪かったです、うん。
よく道路の真ん中でバスキングしてるらしいですが意識して探すと案外出ないのかもしれません。少なくとも気温が上がりきると見つけるのはかなり苦労する気が。

とは言っても時間帯さえ選べばかなりの確率で見られるポイントもありますからウォータードラゴンやレースモニターと並んである程度計算して見られる生き物だと思います。
この3種なら格安ツアーの自由時間にも頑張れば全部見れると思いますし、というわけで来豪の際は是非是非。

スポンサーサイト
  1. 2011/07/03(日) 23:34:14|
  2. アガマ科 Agamidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トミー

Tommy Roundhead Diporiphora australis Tommy Roundhead Diporiphora australis

腕立て伏せ威嚇中のトミー。
この近くの木で競争相手が腕立て伏せ返しをしていたが何とか一枚の写真に収められないものか・・・・。

てかネタが詰まってる・・更新のペースを上げないと。


  1. 2011/04/20(水) 11:27:03|
  2. アガマ科 Agamidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アノールの憂鬱

ボイドドラゴン Boy'd Forest Dragon Hypsilurus boydii

いろいろ行きたいところはあるがやはり僕はマダガスカルに行きたい。

ゴンドワナフリークの僕としてはアフリカも南米も行ってみたいがまずはマダガスカル。キツネザルにバオバブ、ヤモリもいいがやはり一番はカメレオンかな。

ってな話を友人としていたらそんな面倒な所よりもハワイに行ってジャクソンカメレオンChamaeleo jacksonii撮るほうがだいぶ楽だぜ何て無粋なことを言い出したわけですよ。それじゃあなんの感動もあるまいとは思いますがまぁ純粋にカメレオンを見たいだけならそれもアリかなと。

そーゆうワケで日本に帰ったら僕はまずアノールを見たいのです。グリーンってのが、ちょっと微妙ですがね。

  1. 2011/02/07(月) 22:03:05|
  2. アガマ科 Agamidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボイドドラゴン

Boy'd Forest Dragon Hypsilurus boydii ボイドドラゴン Boy'd Forest Dragon Hypsilurus boydii
皆様明けましておめでとう御座います。
新年いかがお過ごしでしょうか?
僕はと言いますと悲しいかな南半球は夏真っ盛りなので新年早々クソ暑く何の風情もございません。
やはり正月くらいはおこたで過ごしたいものです。流石に四回目ともなると慣れますがね・・。

で新年一発目はご存知ボイドラ様。

Boy'd Forest Dragon Hypsilurus boydii ボイドドラゴン Boy'd Forest Dragon Hypsilurus boydii

で、本種ですがそれなりに出ます。生息地は限られているのでいないところではさっぱりですが、いるところでは少ない生き物ではないです。
ただ問題は熱帯雨林の中ですのでイマイチいい具合に光が当たらないのでフラッシュ無しでは苦しいのと、一枚目みたいなバリバリの雄はほとんど見ません。


Boy'd Forest Dragon Hypsilurus boydii お約束の顔アップ
喉笛が隠れていてダメですね。

近づきやすいので写真は撮りやすいですが、思うような構図ではなかなか撮れません。
もーちょっと森で撮った感が出せたらなぁ。
  1. 2011/01/02(日) 19:19:24|
  2. アガマ科 Agamidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ノビノビ!

Nobbi Dragon Amphibolurus nobbi nobbi Nobbi Dragon Amphibolurus nobbi nobbi

皆様メリークリスマスでした。如何お過ごしでしたでしょうか?
僕はというと1年ぶりにブルアントに咬まれてフラフラしておりました・・。
まぁ大変なクリスマスでしたよ・・。

で写真はノビドラゴンことノビノビ!
しかしアガマは絵になりやすくていいねぇ。どこぞのスで始まりクで終わる方々にも見習って欲しいものだ。
てかたかだか1日の遠征でこんなにもブログが持ってしまった・・。当分ネタ切れの心配はないなぁ。足りないのはアップする根性だけ。

Nobbi Dragon Amphibolurus nobbi nobbi Nobbi Dragon Amphibolurus nobbi nobbi

写真を見た限りじゃ亜種のノビコギのほうが好みかも。

ノビノビといえばそーいえばレビレビのCarphodactylidae科って和名付いてるんですかねぇ?
  1. 2010/12/28(火) 16:57:54|
  2. アガマ科 Agamidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (32)
サンショウウオ科 Hynobiidae (28)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (69)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。