Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

Southend蜘蛛 I

最近はクモが楽しい。この国に来てから好きになった生き物の一つですね。というワケで家の周りにくっついてる蜘蛛共を・・・・・
イエユウレイグモ Pholcus phalangioides イエユウレイグモ Pholcus phalangioides
これは部屋の壁に引っ付いていたイエユウレイグモなのだが自分よりも一回り大きいハサミムシを運んでいた。その時のこいつの運びにくさそうな仕草がかわいらしい。

Hustman Spider Holconia sp Hustman Spider Holconia sp
FZ-50は接写に若干の問題があるので基本的に体長2-3cm以下はスルーすることになるのだが(よって上のイエユウレイグモ何かはきつかったです)これぐらいの大きさがあると助かりますね。
こういうのが家の壁の這いまわっているというのは田舎の特権でしょうな。

Hustman Spider Holconia sp Hustman Spider Holconia sp
模様的には上と同種だと思われるが明らかに足が長く色も灰色がかっている。まぁ好きですが詳しくわ全然ないのでね。
Hustman Spider Holconia sp Hustman Spider Holconia sp
蛾を食す。

スポンサーサイト
  1. 2009/11/27(金) 21:30:47|
  2. 蜘蛛・蠍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タイガースネーク

タイガースネーク Notochis scutatus
タイガースネーク Notochis scutatus
僕の写真じゃないですよ。さすがにここまで酷くなかです。

つい先ほど知人から送られてきたのですが凄まじい光景ですね。食われているのはゴシキセイガイインコTrichoglossus haematodusの雛。巣の中は飲み込むには狭すぎたのでしょうか。
タイガースネークはおそらくこの辺ではブラウンスネークPseudonaja textilisに次ぐ普通種なのですが小生死体以外は今まで写真を撮れたことがありません、こないだ咬まれそうになりましたが。水周りには結構いるようなので何時か探しに行きたいです。
お世辞にもうまいとは言えない写真ですがそれ以上にインパクトのある写真だと思います。大事なのは中身ということでしょうか。

そーいえばエアギアにも出てましたね。こっちの野生化した豚共はおっことぬし様並みに大きくなるのでこの蛇じゃあ勝てないでしょうな。
  1. 2009/11/22(日) 20:49:51|
  2. コブラ科 Elapidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオジタトカゲ II

前回のアオジタの記事で全然いないみたいな事を書いたがここに来てから週に3,4匹は見る。そしてこれくらいの田舎だと全然庭にも出るし人も驚かない。恥ずかしいことを書いてしまったなぁ。
ヒガシアオジタトカゲ Tiliqua scincoides scincoides 何だかマツカサに見慣れてしまうとこいつもだいぶ普通のトカゲだな。

でこの写真の個体なのだがこの時国立公園の道路上でバスキング中だったので轢かれる前にとっとと隅にどけてあげた。

以前ジークさんがブログでロードキルに関して書かれていたがこのトカゲなんかはまさに典型的な被害者で1時間ハイウェイを走れば2つ3つは死体を見れると思う。
そして人もほとんど避けようとしない。実習先のレンジャーでさえバスキングで道路に出てきているのだから移動させたところですぐに戻ってくるとか言いやがる。まぁ確かにその通りなんだが・・
ヒガシアオジタトカゲ Tiliqua scincoides scincoides ロードキル・ヒガシアオジタトカゲ Tiliqua scincoides scincoides
僕みたいな余所者からすると違和感があるが地元の人間からすると別の感覚なんだろうな。こういうのは仕方ない部分もあるし別に批判する気もない。ただ車を降りて手を貸してやれとまでは言わんからせめて避けてやってほしい。ノロマな分避けるのも簡単なはずだから。
  1. 2009/11/19(木) 19:52:27|
  2. スキンク科 Scincidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アゴヒゲトカゲ

嗚呼、スキンク以外のトカゲを載せるのが初めてだったんですね。気づきませんでした。アゴヒゲトカゲ Common Bearded Dragon Pogona barbata アゴヒゲトカゲ Common Bearded Dragon Pogona barbata
フトくない方のアゴヒゲですよ。ヒガシアゴヒゲトカゲのほうがよかったかな。こいつもフトい方みたいにメジャーなペット種なのだろうか?
フトい方と比べるとスタイルの良さが売りだと思うのだが・・

アゴヒゲトカゲ Common Bearded Dragon Pogona barbata アゴヒゲトカゲ Common Bearded Dragon Pogona barbata
ヒゲは控えめ。残念ながら仕事中なのであまり写真はとれず。
分布域は相当に広いしシドニーやブリスベンのような大都市の近くにも生息地があるので割に目につきやすいとは思うのだが・・。ただそれでもレースモニターやウォータードラゴンのように人慣れしている連中でもないと思う。

アゴヒゲトカゲ Common Bearded Dragon Pogona barbata アゴヒゲトカゲ Common Bearded Dragon Pogona barbata
以前20mぐらいの距離から逃げられたことがあったのだが今回は意外なほど寄れてしまった。嫌な目つきだなそれにしても。

  1. 2009/11/14(土) 17:19:42|
  2. アガマ科 Agamidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夜の蟲

勇気を振り絞って夜中にその辺を徘徊してみる。ただ今手元に資料がないので同定ができないですが勘弁してください。
P1020967.jpg ヒョウタンゴミムシ?の一種
最初はクワガタっ!!??と思ってテンションが上がったのだがそんなに簡単に見つかるワケないですね、ハイ。
しかし5cmはあるし体幅もあるのでやたらカッコいい。しかしゴミムシって名前はどうにかならないのか。無意味に価値が下がったように感じてしまう。

P1020965.jpg ハサミムシの一種
この国のハサミムシには写真ようなの大きい在来タイプと小型の外来のタイプがあるそうな。
白いハサミムシなんて初めて見たのでビックリ。脱皮直後とか?白変?虫に白変なんてあんのか?まぁなんせ彼の生態的には白くなるメッリットはないように思える。体長約3-4cm。

P1030786.jpg カマキリの一種
カマキリまで白い。流行っているのだろうか。

P1030783.jpg
小学生のころはオオカマキリを必死で追いかけたものだが今は好みが変わってハラビロカマキリが一番好き。ただカマキリが好きということまでは変わっていないらしい。

  1. 2009/11/12(木) 22:08:25|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シロイワトカゲ

シロイワトカゲ white's skink egernia whitii シロイワトカゲ White's skink Egernia whitii
イワトカゲ属Egerniaと言えばカニンガムイワトカゲEgernia cuninnghumi、ランドムラットEgernia major、ストケスイワトカゲEgernia stokesii等を含みアオジタトカゲ属Tiliquaと並んでオーストラリアを代表するスキンクだと思うのですが(Eremiascincusも忘れてはいけないか)実はなかなか大きなグループで本種のような割と普通なのも結構います。特徴的な外耳孔のおかげで間違えることはあまりないと思いますが・・。ただそれでもそれなりにボリュームがあるので探しがいのあるグループですね。

シロイワトカゲ white's skink egernia whitii シロイワトカゲ White's skink Egernia whitii
白いアイリングが素敵。美人なスキンクって感じ。胴頭長は最大12cm、尾を含めると20cm程にはなる中型種です。このアイリングはEgerniaのなかのLipholisグループの特徴でLiopholisには憧れのグレートデザートスキンクEgernia kintoreiが・・・。
ちなみに本種はこの個体のように背中にストライプのはいるタイプと無地のタイプがあるのですが南に行けば行くほどストライプのはいる割合が高くなるのでわと知り合いが言っていました。確かにタスマニアにはストライプタイプしかいないらしいし僕もそっちしか見たことない・・。全体としては無地のほうがだいぶ普通なようですが・・・。

シロイワトカゲ white's skink egernia whitii シロイワトカゲ White's skink Egernia whitii
ほかにEgerniaの特徴としては本種を含め岩場を好む種が多いです。イワトカゲという和名は的を得ているのではないでしょうか。キノボリイワトカゲEgernia striolata(ツリースキンク ・ストリオラータイワトカゲ)ですら木にはいません。探すなら岩です。

  1. 2009/11/07(土) 09:52:43|
  2. スキンク科 Scincidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (32)
サンショウウオ科 Hynobiidae (28)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (69)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード