Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーストラリアチゴハヤブサ

オーストラリアチゴハヤブサ Australian Hobby Falco longipennis オーストラリアチゴハヤブサ Australian Hobby Falco longipennis
ん?

オーストラリアチゴハヤブサ Australian Hobby Falco longipennis オーストラリアチゴハヤブサ Australian Hobby Falco longipennis
んんっ!?

最近バタバタしててPCをスルーしてました・・。
何だかんだで海外に住んでんだなと思い知らされることがいっぱい。大変な世の中だぜ。

でももーちょいで一旦落ち着きそうなので更新頻度を上げていこうと思います。



スポンサーサイト
  1. 2010/04/28(水) 23:45:10|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒガシアゴヒゲトカゲ II

ずいぶん前の写真ですが・・
ヒガシアゴヒゲトカゲ Eastern Bearded Dragon Pogona barbata ヒガシアゴヒゲトカゲ Eastern Bearded Dragon Pogona barbata

やらせで撮るとき以外は生き物の写真を撮るってのは撮れる時間に制限があるワケで、皆さんも可能な限りシャッターを切るようにすると思うのですが・・

ヒガシアゴヒゲトカゲ Eastern Bearded Dragon Pogona barbata ヒガシアゴヒゲトカゲ Eastern Bearded Dragon Pogona barbata

でもそうやって写真を撮ることだけに集中していたらその瞬間の本来の感動を見逃してしまうと思うんですね。
だからファインダー越しからだけではなくその瞬間もしっかり焼き付けるようにしようと心がけているのですが・・

ヒガシアゴヒゲトカゲ Eastern Bearded Dragon Pogona barbata ヒガシアゴヒゲトカゲ Eastern Bearded Dragon Pogona barbata

でもそんな事を言っていたら何も進歩しないのかも。
この時もまさに完璧なシチュエーション、だったのですがもう少し工夫できないものかと。でどう撮っていいかわからずモタモタしている間に逃げられてしまったり。うぅむ。

  1. 2010/04/21(水) 21:01:03|
  2. アガマ科 Agamidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蠍の一種 Lychas sp

Lychas sp 蠍の一種 Lychas sp
以前紹介したLittle Marbled Scorpion Lychas marmoreusかRed Marbled Scorpion Lychas alexandrinusでわと。この2種は外見から区別がつきにくいし正直なところ蟲系はある程度のところまでわかればいいやと思っているのも事実。
Red Marbled Scorpion Lychas alexandrinusはトタテグモやコモリグモの穴に侵入し捕食するという素敵なサソリなのでそっちだといいんだけどなぁ・・。

オープンな砂地に生息するキイロスナサソリUrodacus armatusと違って本種は周りの林のリッター層で生活しているよう。よってめったに目にする機会はなかったがライトに集まった蛾や羽蟻を目当てに家の周りをうろうろしていました。
  1. 2010/04/18(日) 01:53:20|
  2. 蜘蛛・蠍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

並鱗肢 Common Scaly-foot

Common Scaly-foot Pygopus lepidopodus Common Scaly-foot Pygopus lepidopodus
えーと・・えーと・・・ナミウロコアシ!!

ヒレアシヤモリ科の最大種にて最普通種で代表種。
この個体は50cmほどでしたが最大では1mに達するよう。ある意味本種こそヤモリ最長種かもしれません。

Common Scaly-foot Pygopus lepidopodus Common Scaly-foot Pygopus lepidopodus
目が円ら。やはりこの辺は蛇ともスキンクとも違ってヤモリちっく。それにこの舌は決定的。

Pygopus属はヒレアシヤモリ科の中でもっとも原始的と言われそれなりにおっきいヒレアシがついてます。が、写真はなし。だってパタパタしてくれなかったんだもの。

色彩には大まかに3パターンあり全身に模様が入るパターンと無地のパターン、そしてこの固体のように中間的なパターン。
再生尾ですが本種では成体のほとんどが再生尾という報告があります。

Common Scaly-foot Pygopus lepidopodus Common Scaly-foot Pygopus lepidopodus
喉の膨らみ方が素敵。

頭をよく上げて蛇のマネをしているそうですがそのおかげで写真は撮りやすいかも。
  1. 2010/04/11(日) 00:03:22|
  2. ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トタテグモの一種

トタテグモの一種 Trap-door spider Aganippe sp トタテグモの一種 Trap-door spider Aganippe sp?
一応同定はしたのだがまるで自信がないのでspの上に?まで付けたぜ!!

この子は夜中にうろうろと這いまわっておりました。あんまり穴を掘るのは好きではないので(報われないことが多すぎると思います)こうでもしないとこの辺の蜘蛛はなかなか見れませんね。

トタテグモの一種 Trap-door spider Aganippe sp トタテグモの一種 Trap-door spider Aganippe sp?
ぐわぁ!!と威嚇。でも申し訳ないがそれなりに鍛えられているので別に怖くもない。嫌いな人は失神しそうになるのでしょうが。

トタテグモの一種 Trap-door spider Aganippe sp トタテグモの一種 Trap-door spider Aganippe sp?
挙句にひっくり返る。
  1. 2010/04/09(金) 00:55:14|
  2. 蜘蛛・蠍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ハリモグラ

ハリモグラ Echidna Tachyglossus aculeatus ハリモグラ Echidna Tachyglossus aculeatus
単孔類というと超マイナーなイメージがあるが本種は熱帯雨林から砂漠まで大陸のありとあらゆる環境に生息するオーストラリアで最も繁栄している哺乳類のひとつであろう。

ハリモグラ Echidna Tachyglossus aculeatus ハリモグラ Echidna Tachyglossus aculeatus
同じく豪州産の蟻食の哺乳類としてはナンバットMyrmecobius fasciatusがいるがそちらが白人の移住後に絶滅寸前まで追い込まれているのに対し本種はいまだ勢力をたもったまま。低い代謝と更にはこの防御方がキツネやネコ等の移入種に有効なのだろうな。

こうやって一度丸まられるとひっくり返すのは不可能に近い。ペレンティが本種を咥えたまま吐き出すことができず共倒れになっている有名な標本があるが確かに天敵らしい天敵はいないのでしょう。

ハリモグラ Echidna Tachyglossus aculeatus ハリモグラ Echidna Tachyglossus aculeatus
実はカモノハシから分化した仲間だそうでその辺の分類的なのも興味深い。

ちなみに印象としてはどこにでもいるが生息密度は高くないのかぁといった感じ。
なかなかかっこいいと思うが個人的にはミユビハリモグラ属Zaglossusのほうが好みだったり。
  1. 2010/04/04(日) 12:48:21|
  2. 哺乳類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (32)
サンショウウオ科 Hynobiidae (28)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (69)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。