Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

Slaty Grey

Slaty Grey Stegonotus cucullatus

このおかしな名前の蛇はオーストラリアではひじょ~に珍しい水棲傾向の強いナミヘビなのですがこの個体を見たときははっきりと同定できずコブラか!?ナミヘビか!?と一人夜の森でパニくっておったわけです。

この子はヤモリを追いかけてスルスルと消えていったのですが後日ナミヘビだと確認した時はガックリきましたね。

そうかやっぱりナミヘビだったのか・・。そうと知っていれば振り回してやったのに。


スポンサーサイト
  1. 2011/08/26(金) 23:57:40|
  2. ナミヘビ科 Colubridae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメジストな雑感

アメジストパイソン Morelia kinghorni アメジストパイソン Morelia kinghorni
ペア?大きいほうは目測で3mオーバー。ダニがつきまくり。

-結構多い。同所的に生息するカーペットパイソン Morelia spilota sppに比べてもでる

-乾季は昼間でもたまに見る。

-多いのは2m前後。でも3mぐらいのはたまに出会う。

-今まで見た中で最大は目測で4m近かった。これぐらいになると引っ張っても勝てない。

-すごい獣臭い。ちょっと触っただけで匂いがとれなくなる。

  1. 2011/08/21(日) 16:49:20|
  2. 蜥蜴亜目 Sauria
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

熱帯力

P1170552.jpg


枯れることのない感嘆の泉 


           -David Attenborough
  1. 2011/08/19(金) 12:25:33|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

葉上のバジリスク

Saproscincus basiliscus Saproscincus basiliscus睡眠中 たまにライティングって当たるんだよね・・。

Saproscincus=腐ったスキンク
なんてある意味気の毒な学名(もちろん熱帯雨林の落ち葉や朽木回りなどの生息環境から来てます)ですが御覧の通り腐ったどころかなかなか美しい赤ですね。

アガマなんかはよく枝に掴まって寝ていますがスキンク、しかもこんな堆積層の隙間を這いまわるような種類が睡眠時だけわざわざ草に登るのも珍しいのではないでしょうか。
少なくとも彼らにとってはヘビやヤモリ、哺乳類が動き回る日没後は林床よりも草木の上のほうが安全なのでしょう。

Saproscincus basiliscus Saproscincus basiliscus

少し頭を持ち上げ舌をチロチロと出しながらゆっくり動くスキンクで行動もかなり特徴的です。メタメタかわゆいのに写真に出せなかったのが残念。

Saproscincusはバスキングさえしない日蔭者が多いですがその中では本種はまだオープンなところにでくるようですね。

  1. 2011/08/14(日) 03:33:16|
  2. スキンク科 Scincidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

苦手な生き物

Myrmecia sp ブルアントの一種Myrmecia sp 節足が続きます・・。

かなり昔ブルアントに一度刺された事があったのですがその時は痛かったですがそれだけだったので正直あまりブルアントを恐れてなかったんですよ。
ただ去年の末に刺されたときはとんでもない激痛とともに吐き気、目眩がしてその日は生きた心地がしませんでしたね。もしかするとあれがアナフィラキーだったのかな。

皆さんそれぞれこんな趣味してても苦手な生き物ってあると思いますが僕は刺す系は全般に無理ですね。
特にスズメバチ類。連中は唯一はっきりと嫌いと言える生き物です・・・。
あとは熱帯雨林で定番のヒル、マダニ。こいつにも憎しみでいっぱいです笑。特に熱帯雨林なんて木の上からヒルがジャンプしてきますよね・・、あれで髪の毛の中を這いまわられた日にはもう・・。

あとフィールドに出ていて正直会いたくないのは大型の哺乳類。オーストラリアで大型の肉食哺乳類はアブセントですのであまり危険はないのですが野生化したブタなんかにたまに会ったりして怖い思いをしたことは何度かあります。ディンゴも冷静に考えると危険がないわけではないですからね。
まぁ確実に自分より強い動物は怖いですねやっぱり。

海外のフィールドで一番怖いのは結局人間だと思いますけどね笑。
  1. 2011/08/12(金) 21:45:30|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョロウグモの一種

Nephila plumipes Nephila plumipes

もう少し大きいN.pilipesにN.edulisもよく見ますが僕が見た豪州ジョロウの中では本種が一番写真映えしますね、きっと。

Nephila plumipes Nephila plumipes

しかし難しいなぁ・・

なんかおもちゃちっくで素敵ですね。


  1. 2011/08/11(木) 02:15:59|
  2. 蜘蛛・蠍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怪物の眷属 II

White Kneed King Cricket  Penalva flavocalceata
White Kneed King Cricket Penalva flavocalceata

以前載せたAnostostoma australasiaeと同じくウェタで知られるAnostostomatidae科ですがA. australasiaeに比べるとだいぶ大人し目ですね。とはいってもMAX80mmで迫力はなかなかです。

White Kneed King Cricket  Penalva flavocalceata White Kneed King Cricket Penalva flavocalceata

ちなみに数はかなり多め。夜のWet Tropicsで最も目につく生き物の一つでしょう。

生態についてはよく解りませんが上の写真では実をカジカジしていることから果実食、もしくは雑食でしょうか。


White Kneed King Cricket  Penalva flavocalceata  White Kneed King Cricket Penalva flavocalceata

こちらは雌。上の雄に比べて明らかに頭部が小さいですね。直翅でもこうも性的二形がはっきりでるもんなんですねぇ。(普通かな・・)
個人的にはスタイルの良い雌のほうが好み。

そういえば本種、さらにはウェタはコロギス上科ですしコロギスの類と呼んでもいいんですかね?コオロギは少し無理があるし、ましてやカマドウマなんて・・・


  1. 2011/08/07(日) 17:45:44|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きっかけ

Lygisaurus zuma Lygisaurus zuma

小型の、特にEugongylusのスキンクは腐るほど見ているのですが小さいうえに見た目に特徴が少ないため属レベルでさえ同定に苦労する種類が非常に多いのです。

本種はそれなりに分布も限られているのですがやはり見た目にはおもしろくなく知名度ゼロ、たとえ日本に輸入されたとしてもごく一部の人しか気にも留めないのでしょう。

でも例えば英BBCが本種のみの生態を追った2時間のドキュメンタリーを作ったとする、そうすればブリードもバシバシされアルビノなんかも作出されたりして、本種のウェブサイトもできたりするはず。

好きとか嫌いとかのきっかけって、所詮はその程度。
  1. 2011/08/06(土) 12:12:38|
  2. スキンク科 Scincidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (71)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード