Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フォトショのちから

ヒガシアゴヒゲトカゲ Eastern Bearded Dragon Pogona barbata ヒガシアゴヒゲトカゲ Eastern Bearded Dragon Pogona barbata フォトショで再編集後

月光守宮さんのブログに触発されてまたカスミを探しに行こうかと思ったが足が動かず、無念。
往復2時間はしんどいのよやっぱり。最近仕事忙しいしねー。

で実は先週とうとうフォトショを買ったんですよ。
まぁ値段と用途考えてLightroomですが。

今まではカメラに付いてたSilkypixの2.0なんて化石ソフトでRAWから現象するぐらいでしたが、流石にフォトショは多才ですね。ブラシと逆光補正は素晴らしひ。

ただやっぱり写真に手を加え過ぎるのには抵抗がある。
これまではストロボの角度とかいろいろ工夫して撮ってきましたがこう簡単にモニター上で弄れるのも複雑。

でも野生動物なんて厄介なものを撮っている以上、画像編集ソフトを使うのはしょうがないことだと思います。今の世の中ではうまく編集する能力もカメラの腕のうちなのでしょう。
それに少なくともLightroomでは元の画像から弄れる範囲にも限界がありますし。

スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 23:18:05|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝・クリーパー

レビレビ / ナメハダタマオヤモリ Nephrurus levis levis レビレビ / ナメハダタマオヤモリ Nephrurus levis levis

フトアゴヒゲトカゲ Pogona vitticeps フトアゴヒゲトカゲ Pogona vitticeps
このたまにアップすると画像が変にキメ細かくなるのはどうにかならんのか・・・

えー今月号のクリーパーに記事が載ります。ようやくここまで来たって感じ。

あと2回にわけて載るようです。一応隠し玉と言いますか、一部の(ごく限られた)人間なら軽く奇声を上げるぐらいのものは次の号に出るつもりです。

買って頂戴見て頂戴
  1. 2012/03/25(日) 01:10:39|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

季節の終わり

先週末。
関西全域で南からの暖かい雨が降り、気温は終日10℃を超えていた。

カスミの産卵には絶好のコンディションである。
これで見れなければシーズンは終わっている証拠だろう、そう確信できるほどのタイミングだったはずだ。

仕事帰りに前回の写真を撮ったのとは別のポイント、バイクを1時間ほど走らせ最近発見した産卵場へと走る。

ニホンアカガエル Rana japonica ニホンアカガエル Rana japonica

早速ライトを照らしてみるがそこにいるのはアカハラばかり。
カスミの卵塊も一週間ほど前に来たときは産卵直後らしいものもあったが、今回はそれらしいものもみられず、全体的にかなり発生が進んでいるものが多いように感じた。

際をフラフラしている個体もいたが、一週間前は4,5匹見られたが今回は1匹だけ。

P1280406.jpg カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus


そう、もう既にシーズンは終わっていたのである。
もちろん通いつめれば今からでも産卵を見れるかもしれない。しかしそんな体力も、時間もない。

ニホンアカガエル Rana japonica ニホンアカガエル Rana japonica

唯一がんばってシャッターを切ったのが羽化直後のアカガエル。
カスミの代わりに大量のアカハラが出てきており、春の到来を感じた。

ただ今更ながら産卵場所の雰囲気もタイミングもかなり掴んだ。来年はきっと産卵を撮れるだろう。

  1. 2012/03/20(火) 01:10:57|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の宝珠

ヒダサンショウウオ Hynobius kimurae
 ヒダサンショウウオ Hynobius kimurae

日本の冬、サンショウウオの冬

日本の動物相は、確かに地味だ。
しかしこの寒さの厳しい冬の日本に、これほど美しい生き物がいることを一体どれくらいの人が知っているだろう。

この個体は何故かアップしたら斑紋の色が薄まってしまったが、それでも魅力的。
もっともこれ以上に斑紋が密に入る個体もいるが、これ以上だと黄色が薄まって白っぽくなってしまう気がする。





  1. 2012/03/12(月) 01:55:26|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

卵2

カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus
今日は漸く卵塊を確認し、際でうろうろしている成体も数個体発見したのでこれは夜まで待てば産卵が見れるかも!!でしたが結局帰ってしまいました。
だって眠いんだもの。二日酔いで頭痛いし・・・・。嗚呼パッションが足りないなぁ。


P1280298.jpg ニホンアカガエル Rana japonica

同じ場所にあったアカガエルの卵塊。

今回は田んぼ周辺に狙いをつけて探したが、今時コンクリートで固められていない水路や池なんて本当に珍しい。

カスミもアカガエルも以前は本当にありふれた生き物だったのだろう。
便利な世の中になったが、失われたものも本当に大きい。

  1. 2012/03/11(日) 21:46:05|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卵1

 ヒダサンショウウオ Hynobius kimurae  ヒダサンショウウオ Hynobius kimurae

ヒダを探すようになって、気づいたのが川虫のかっこよさ。

カワゲラも素敵だが、ヘビトンボは本当に素晴らしい。
今度見たらもう少しちゃんと写真を撮ろう。

いろいろな生物を好きになってきたが、多様性という点において昆虫に勝るものはやはりない。
彼らの全てを把握することは不可能なのかもしれない。
  1. 2012/03/07(水) 21:32:14|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (71)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。