Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

ヤクシマノコギリクワガタ

DSC03375-4.jpg
ノコギリクワガタ Prosopocoilus inclinatus 屋久島にて、ヤクヤモリを追いかけてたらテクテクと歩いてた個体

「うわーい!ヤクノコだヤクノコだー」
と夜の林で独り、はじゃぎ回っておりましたとさ。

スポンサーサイト
  1. 2014/01/28(火) 22:28:14|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウシガエルの鳴嚢

ウシガエル Rana catesbeiana
ウシガエル Rana catesbeiana

このブログには本当に本種がよく出る。
このぐらいの成体になると結構警戒心が強く、粘り強く逃げない個体を探さなければいけない。

ウシガエル Rana catesbeiana
ウシガエル Rana catesbeiana

思いのほか鳴嚢もよく膨らむ。まぁあれだけ大きな音を出すのだから、無理もないのかもしれないけど。
この時は場所の問題もあり外部ストロボが使いにくくちゃんと撮れなかったが、粘り強く待っていると目の前で鳴いてくれる個体いるのだ。今年はもう少し頑張ってみたいと思う。

  1. 2014/01/26(日) 20:08:53|
  2. カエル目
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カスミは厳しい

DSC06890.jpg
カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus
ほんのり青味が残る、恐らく産卵後そこまで時間が経っていないであろう卵塊
兵庫県南部で今年最初の卵塊の確認は1月4日。成体は3月までは見られるのではないだろうか。

で、何が厳しいかというと、水中撮影が厳しい。
産卵シーンを水の中から撮りたい!!と思っていたが、現状では不可能に近いようだ。

DSC06851 (2)-3
カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus

だいたい30㎝ほど離れるとこんな感じ。水中では少し離れるとキレの無い、眠たい画像になってしまう。
こんなのは補正するのさえ面倒なレベル。ただこの場所の透明度が低い事も要因。

DSC06990-15.jpg
カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus

こちらは湧水が出ていて水は澄んでおり、更にかなり近かったのでキレはある。しかしバタバタさせてしまいチリが舞い上がってしまった。
平日に5時間がんばってこんなものしか撮れない・・・・。

どうやら場所の選定から始めなければならないようです・・・。
  1. 2014/01/25(土) 12:45:52|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

季節を愛でる

ニホンカナヘビ Takydromus tachydromoides
ニホンカナヘビ Takydromus tachydromoides
晩秋の柔らかい日差しの中、乾いた落ち葉に踊るカナヘビの仔
この肌寒い、哀愁漂う季節を連想する爬虫類といえば彼らぐらいなもの。そんな子供たちに敬意を表し、僕は密かに秋蜥蜴と呼んでいる。


カナヘビなんかは、カメラ片手に気軽に撮れるから楽しい(もちろんライティングは気にするけど・・)。
ポージングも完全にトカゲ任せで、自由な姿をのびのびと追いかける。撮る楽しさを、思い出させてくれる。

というのも、この寒い寒い冬の夜にバカみたいに重い撮影機材を担いで山に登る、心底苦しいサンショウウオ探しから早く解放されたい・・というのが最近の正直な気持ちですね・・・・・。
もちろんヒダもブチもイシヅチもハコネも・・・アカもヤマアカもニホンヒキさえ・・春までにやる事は過ぎるほどありますが。

  1. 2014/01/15(水) 23:06:14|
  2. カナヘビ科 Lacertidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒダサンショウウオ地獄巡り

ヤマトクロスジヘビトンボ Parachauliodes japonicus
ヤマトクロスジヘビトンボ Parachauliodes japonicus

土曜日は新しいリンク先~黄昏あきつ日記~の、Takaさんと一緒にヒダを探しに行っておりました。
が、しかし出なかったので、昨日は毎年通っているポイントへ出撃。
しかしこちらも不発・・・・。
まぁ、去年から数えると目下4連敗中ですね・・・

昨日なんて、なぜか途中からヘビトンボ集めと化す始末。
写真はもちろんやらせです。やらせでも水中撮影は十分ストレス溜まります。
しかしキモカッコイイ。次はもうちょい斜め上からのアングルで撮りたいもの。
このポイントでは結構な密度で生息しており、ヒダの幼生にとってはかなり強力な捕食者になっているのかもしれませんね。
  1. 2014/01/13(月) 16:42:07|
  2. 蜥蜴亜目 Sauria
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初ハペ!!

カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus
カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus

今年の初ハペ。カスミです。 

リンク先のやせがまさんの水中撮影を参考に撮りました。もっともモニターを動かすスペースが必要だったのと、透明度を優先して水槽に入れて沈めましたが(1/6わかりにくいとの意見があったので追記:水槽をハウジング代わりにして、カメラを入れそのまま水に沈めました)。
しかも夜間であったのに加え環境的にチリが多く、非常に苦労しました。ピントから全然合わないですし。
水中撮影は水が澄んでてチリも少ない渓流性の連中のほうが向いているかもしれませんね。

まぁしかしカスミもよく寄ると綺麗です。
もうちょい引いた写真やらはまたの更新にて。


1/15またまた追記:ちと暗かったので、明るくしました。後から手を入れてどーする・・・
  1. 2014/01/04(土) 23:33:44|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

申宣誓

さぁ2014年!
明けましてオメデトウございます。完全に寝正月です。

DSC05736-6.jpg
猿でも蛇でもなく、馬年です。
ウマ類はイマイチ好きではありませんが、他の奇蹄類には食指が動くものが多いです。
何と言っても真髄はバク。全種好きですが、一番はアメリカバクかな・・。

さて、今年の両爬的目標は

・捕食シーンを撮る
どーしても両爬は生態シーンを撮りにくいので、動きのある写真が少ない。
捕食シーンをうまく、かつ絵として見れるよう、綺麗に撮れればと思います。

・ジムグリ、タカチホを見つける
去年は一昨年と比べ結構ヘビを見れましたが、この二種はかすりもしませんでした。
せめてジムグリはなんとかしたいですね。ちなみに斑紋の綺麗な幼体もいいですが、プリプリに太ったパターンレスの成体の方が見たいかも。

・水中撮影に挑戦
まぁこれもある意味鬼門ですよね・・。ハウジングも考えましたが、普通のハウジングではモニターを動かせないので正直合わない。なにせ浅瀬でとる事がほとんどで、いちいち顔を水の中に入れてらんないし(田んぼに顔を突っ込むなんて、正直キツイ)。昨日今シーズン初のカスミを確認しスイッチが入った感があるので、なんとか工夫していきたいですね。

・ハコネサンショウウオ、ニホンヤモリ、ニホントカゲ(成体)を撮る、撮り直す
その他はこの三種をとりあえず撮りたい。特にハコネ。シコクハコネやツクバハコネもいいが(どこやねん)、普通(?)のハコネを何としても捕りたいですね。

帰国して2年半が過ぎ、ようやくこの国のフィールドに慣れてきた感があります。
今年は今までの撮りこぼしを補完していき、本州産の種類に関して、できれば属レベルでは制覇したいと思います。
でわでわ、今年も宜しくお願いします。

  1. 2014/01/03(金) 00:35:39|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (71)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード