Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蕗の薹

DSC08193-4.jpgフキノトウ 四国某所にて

標高1000mを超える、源流の水源近くの水が少し染み出している所に毎年数株生えている。
ロケーションに加えてポツポツとした生え具合、なんかスゴク珍しい植物のように思えなくもない。

フキノトウのくしゃくしゃ感は結構好き。

スポンサーサイト
  1. 2014/03/30(日) 13:48:25|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霞去り、げじ来たる春

DSC07372 (2)-11
カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus

繁殖期が終わりを迎え、森に帰っていくカスミ。産卵もいいが、こういうのも生態写真の一つだと思う。
しかし、お口に泥が付いておりますぞ。


DSC07928-3.jpg
フユシャク、じゃない。
いつのまにか、周りの生物の姿も変わっていた。


DSC08070.jpg
先生方も準備万端のよう。
ちなみに隣にはびっしりと、カマドウマ達が群れをなしていた。

春が来るのは喜ばしいが、ちょっとさみしくもある。
帰国した当初は嫌悪感しかなかったが、どうやら冬も楽しめるようになってきたらしい。

  1. 2014/03/24(月) 23:01:18|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スナフキン

DSC07973-3.jpg
世界は僕の物

見つけた時になぜかスナフキンを連想したが、見直してみると特に似ているわけではなかった。強いていうなら鼻?
むしろどちらかというと、中世の黒死病医師?




・・・いろいろと作業が進みませぬ。
  1. 2014/03/22(土) 01:35:52|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嘆きの壁

カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus
カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus

よじよじ


カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus
カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus

ふぅ・・
やっとここまで来た・・・

軽い感じのコメントですが、側溝ですらかれらには高すぎる障壁なのです。
しかもここの側溝はまさにカスミを落とすためが如く絶妙に山と湿地を横切って走り、雨とともに全てを洗い流さんとするほどの残酷な傾斜で人里へ向かっていきます。
写真には一匹ですが、この時も光に驚いて逃げるまでは計4匹ものカスミが我先にと天空を目指しておりました。

皆様も、できれば側溝に落ちてしまったカスミや卵塊を助けてあげてくださいな。




  1. 2014/03/19(水) 20:18:27|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絶望的な目覚め

ニホンアマガエル Hyla japonica
ニホンアマガエル Hyla japonica

2月の終わり、暖かい雨に誘われ起きだしてしまったアマガエル。側溝に落ちて右往左往。
人間臭さに親近感が湧きますが、再び冬眠に入らなければならず、笑いごとではないのでしょう・・。
このような小さな個体には体力的な影響が小さくないでしょうし、果たしてすんなりと再度冬眠に入れるものなのか。

あと水田周辺では、畔中で眠っていたせいかやはり冬眠明けは灰色の個体が多いようですね。
今年こそは青いアマガエルをきちんと撮りたいです・・。



  1. 2014/03/16(日) 19:36:31|
  2. アマガエル科 Hylidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CPH

DSC07455-2.jpg

一周間ほどとある西洋の国へお仕事、もといお勉強に行っておりました。

街も人も美しく、普段なら目もくれない光景に、カメラが向いてしまいます。
しかしこんなところまで来てマクロレンズしか持って行っていないという・・・・

DSC07722-4.jpg

とにかく食い物が尋常じゃなくうまかった。
物価も高く社会福祉も充実しており、日本からすると一つ二つランクが上の国でしたね。


  1. 2014/03/13(木) 23:04:41|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカガエルに弄ばれる

カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus
カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus

大雪の影響か、まるでアカガエル共が出てきやがりません。
とはいってもこの辺りよりちょっと東の神戸市近郊では2月頭に産卵があったところもあるようで、どうなっているのやら。
この分じゃヒキガエルも大幅に遅れるのか。

しかたなくカスミや、間違えて起きてしまったアマガエルと遊んでいただく。


カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus
カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus

ちなみに明日から出張で、一週間ほど更新が止まると思われまする。
ただ今午前二時ですが、未だ荷造りができてないという・・・。


  1. 2014/03/04(火) 02:00:14|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (32)
サンショウウオ科 Hynobiidae (28)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (69)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。