Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

テッテケ

DSC09204 (2)-3
ニホンヒキガエル Bufo japonicus 波動砲撃ってきそうな走り方

あまり縁がない生き物で、去年はなんと通しで繁殖地までわざわざ足を運んだ時と屋久島での2回しか見なかった。
よくは知らないが、本種は明らかに割としっかりした山地寄りの生物だと思うので、六甲山系を除いて荒れ気味の里山ばかりの兵庫県南部ではあまり見る機会がない。
ジムグリなんかも同様で、バシバシ見つけてる関東のリンク先のブログを見て、夜な夜な歯ぎしりが止まらない。

あと昔某誌の某コーナーにて、本種が日本人にとって最も馴染み深いカエルだとあったが、どういうことだ。僕は日本人ではないのか。
どう考えてもアマガエルやらヌマ・ツチ、関西人ならトノサマで関東ならトウキョウダルマあたりじゃないのか。
ニホンアカに対しても同じような書き方がされる事が多いけど、あれも疑問を感じる。

スポンサーサイト
  1. 2014/05/31(土) 11:32:47|
  2. ヒキガエル科 Bufonidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新緑の幼生

カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus
カスミサンショウウオ幼生 Hynobius nebulosus

久しぶりにカスミの幼生を撮りに行く。蚊が辛い季節になってきた。
流石にかなり大きくなっているが、小さい連中の上陸は梅雨明けまでかかるのではないのだろうか。
モリアオあたりと産卵場所は重なると思われるので、最後の糧になるかもしれない。

DSC09396 (2)

撮影場所はこの里山のすぐ麓。竹林・アカマツ林も混じる。
滅多に人の通ることの無い林道だが、ここを通る人のどれくらいが足元でサンショウウオが蠢いていることを把握しているのだろう。



  1. 2014/05/25(日) 00:08:25|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DSC09791-2.jpg

原始人会の印象が強いが、隣のはっぴーバスのインパクトもなかなか
田舎の人たちのアイデアは往々に常識的なセンスの外にある

  1. 2014/05/24(土) 23:37:12|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最早アカハラとは呼べない

アカハライモリ Cynops pyrrhogaster
アカハライモリ Cynops pyrrhogaster

赤いストライプの入ったアカハラ。下あごの赤い部分も強烈。
最早、腹が赤いだけではありません。

何だかんだで、ほぼ全身真っ赤の個体いるようでなかなかおもしろいですね。
雑魚感が否めないアカハラですが、本州産のハペでここまで派手な原色を持つやつもいません。

アカハライモリ Cynops pyrrhogaster
アカハライモリ Cynops pyrrhogaster

里山の生物って印象が強いですが、それなりに深い山にもいます。
特にこの場所のようにそれなりに湿潤な渓谷では普通に昼間歩いてたりもするようです。

  1. 2014/05/21(水) 00:15:19|
  2. 蜥蜴亜目 Sauria
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シロマダラ、岩隙を這う

シロマダラ Dinodon orientale
シロマダラ Dinodon orientale

岩の割れ目を縫っていくシロマダラ。
見た目の印象以上に狭いところを通り抜けれるヘビで、自宅でも以前プラケの蓋の隙間から脱走されたことがある。

この時はヤモリでも探しているのだろうと思ったが、隙間を覗くと2匹入っていた。
時期が時期なので、もしかするともしかしたのかもしれない。

シロマダラ Dinodon orientale
シロマダラ Dinodon orientale

この2匹の前にももう1匹
珍蛇と言われる本種ですが、特に狙って探さずに一晩で3匹はまずまずですね。


しかしジムグリタカチホジムグリタカチホ・・・・・・
  1. 2014/05/17(土) 23:56:29|
  2. ナミヘビ科 Colubridae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鎌首擡げて

DSC08969-7.jpg
ムロウテンナンショウ Arisaema yamatense らしい・・・・

誰がどう見ても素敵な植物、天南星。
後から知ったのですが、この写真を撮った山では特産の激レア種も自生するようです。

何だかんだ湿り気のある環境に生息するので、自宅周辺の浅く乾燥した山々ではなかなか見れませんでしたが、車様のおかげでこのあたりも守備範囲に入ってきそうです。
この調子でジムグリやらも出せればいいのですがねぇ。



  1. 2014/05/11(日) 18:47:33|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW

タワヤモリ Gekko tawaensis
タワヤモリ Gekko tawaensis いま世界で三番目ぐらいに好きな生き物

さぁ皆様、夢の黄金週間いかがお過ごしでしょうか。

僕は会社様の温情にてわりとまとまったお休みがあったので、岡山でヤモリやシロマダラとキャッキャ戯れ、その後さらに西へ進みブチサンショウウオを見てまいりました。
本当は北海道とか、海外とか行きたかったのですが、貯金も大事なのでね・・・。

詳細はまたそのうち。
いまから山へまた籠ってまいります。

  1. 2014/05/05(月) 15:50:15|
  2. ヤモリ科 Gekkonidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (69)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード