Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夕涼み

カジカガエル Buergeria buergeri
カジカガエル Buergeria buergeri

暑い暑い暑すぎる。最早温暖化に疑いの余地はありません。

というわけでクソ久しぶりにオオサンショウウオを見に、夜の川へ涼みついでに出かけてまいりました。
しかしカジカを撮って、その後キャッキャしながら灯火を周ってクワガタを探してそのまま温泉へ・・・肝心のオオサンショウウオはほとんど探しもせず。うーん。

カジカガエル Buergeria buergeri
カジカガエル Buergeria buergeri

カジカのオタマは非常にかっこいい。

ここしばらく目をさんかくにして歩くことに疲れ、非常に気の入らないフィールドが続いています。
しかし趣味で気疲れしてもしょうがないので、まぁいいでしょう。

スポンサーサイト
  1. 2014/07/29(火) 01:36:04|
  2. アオガエル科 Rhacophoridae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モリアオ、アスファルトに打ち付けられる

モリアオガエル Rhacophorus arboreus
モリアオガエル Rhacophorus arboreus

な、なんて酷いことしやがる・・・・・・・・・

と四方八方から非難轟々になりそうなものですが、これはモリアオが目測を誤って道路の真上に産卵してしまったのです。
けっして僕が投げつけたわけではありません。

せっかく孵化しても、落ちた先はアスファルトの上。モリアオは水面を認識して産卵しているものと思っていましたが、もしかすると雨で濡れたアスファルトを水面と勘違いしたのでしょうか。


モリアオガエル Rhacophorus arboreus
モリアオガエル Rhacophorus arboreus

他にもいくつか同じように道路の真上に産み付けられた卵塊が・・。
絶望的な状況にみえますが、うまく雨が降ると道路脇や、登山道沿いの側溝に流れる事はできるでしょう。

  1. 2014/07/28(月) 00:58:31|
  2. アオガエル科 Rhacophoridae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七月の雨に濡れる

モリアオガエル Rhacophorus arboreus
モリアオガエル Rhacophorus arboreus
アカマツの枝で囀る。実は山道沿いの用水路の上という、わりと残念な環境で鳴いている。

僕にとってモリアオを撮りたくなるポイントとしては①斑紋が綺麗な事②瞳孔が閉じている事③鳴いている事の三点が挙げられますが、この個体は上記の条件を三つ目しか満たしていない。アングルもイマイチ。

しかし7月の雨に濡れたこの和を体現する(僕にとっては)蛙を前にして、カメラを向けないわけにはいかなかったのです。




  1. 2014/07/25(金) 01:20:53|
  2. アオガエル科 Rhacophoridae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

殿、召し上がられる

ウシガエル Rana catesbeiana
ウシガエルRana catesbeiana トノサマガエルを捕食中

フルサイズのトノサマって尋常じゃなくでかいよなぁ・・と思っていると、目の前で喰われていた。
なんだかんだ以前もウシガエルがトノサマを捕食しているのは見ている。そこまで珍しくもないのかも。

しかし圧倒的なウシガエルのパワー・・・
やはり力こそは正義なのか



  1. 2014/07/19(土) 02:29:03|
  2. 蜥蜴亜目 Sauria
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

対岸に思い馳せ

ニホンマムシ Gloydius blomhoffii
ニホンマムシ Gloydius blomhoffii

噂のウルトラミラクルサンショウウオが、実は存外普通に見れるというので、本気で韓国行きを考えていました。
が、折角エラフェがたくさんいるのに、お盆だと気温的に昼のヘビは厳しそうですね・・。ふむぅ・・来年に持ち越しか・・・。

しかし彼の国は両生類がなかなか熱い。ジムグリとかスズガエルはもちろんですが、地味にPelophylax chosenicusも非常に良い。環境・距離的に近い日本との対比が面白そうなんですよね。
  1. 2014/07/14(月) 23:44:00|
  2. 蛇亜目 Ophidia
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

倦怠

ニホンカナヘビ Takydromus tachydromoides
ニホンカナヘビ Takydromus tachydromoides 起こされて、不機嫌な君

月曜ほど社会人を苦しめる時間はありません・・・・。
週休二日で休んで遊ぶなんて、全然足りん。

とはいっても、働かざる者食うべからずという金言もありますし、カナヘビのように一生懸命生きて一生懸命寝たいと思います。






  1. 2014/07/07(月) 22:55:25|
  2. カナヘビ科 Lacertidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

植林を行く


DSC00123-3.jpg

交通量の多い道路が周りになく、周囲に民家が点在して、山間に田んぼがあり(もちろんコンクリートで水路が固められていない)、谷沿いには歩きやすい林道があって、休日に人の少なく、尚且つ適当に標高のある照葉樹林に覆われた山とか近くにないものか・・・。

とぼやきながら今日も今日とてスギやヒノキに覆われた山を行くのです。


  1. 2014/07/01(火) 23:18:06|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (71)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。