Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

アカザ

アカザ Liobagrus reini
アカザ Liobagrus reini

実は高校を出るまでは水草兼、魚屋だったのですが、地元は田舎ながら海沿いの町だったので近場で見れる魚種は結構限られてました(それでも今考えても良い環境でしたが)。
そんな事で昔は憧れの一種だったのですが、最早夜の渓流では結構なザラ種の印象。

ただ上陸して、本種を飽きるほど見た後でも、地味ながら(?)日淡を代表する美麗種との気持ちは変わりません。

アカザ Liobagrus reini
アカザ Liobagrus reini

とにかく日本の渓流をナマズがひゅんひゅん飛び回ってるってのが、どうしようもなく熱い。


スポンサーサイト
  1. 2016/04/29(金) 00:42:43|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シュレーゲルの合唱

シュレーゲルアオガエル Rhacophorus schlegelii
シュレーゲルアオガエル Rhacophorus schlegelii

先日の出張先、と或る新幹線の駅前で盛大にシュレゲが鳴いていた。
地方のローカル線ならまだしも、こんなところでねぇ・・・。

ちなみにこの時アカハラが数個体産卵していましたが、撮るのが面倒でスルーしてしまいました。
後になって後悔。

シュレーゲルアオガエル Rhacophorus schlegelii
シュレーゲルアオガエル Rhacophorus schlegelii

昔はシュレゲのコーリングなんてとても撮れたものじゃないと思ってましたが、結構表に出てくる個体もいますね。
ただ土中で鳴いている個体も撮りたひ。



  1. 2016/04/26(火) 23:19:10|
  2. アオガエル科 Rhacophoridae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魑魅魍魎

IMG_9247-5_2016041923313699c.jpg
ニホンアカガエル Rana japonica?

多分恐らくきっとニチアカ。この山ではタゴに押されっぱなしで、結構レア種ですらある。

ほぼ真上から直角に撮ろうと頑張ったので、フラッシュの反射を抑えるのに非常に苦労しました。
というわけでしょうもない写真ですがそれなりに時間かかってます。

IMG_9325-3_201604192331378bd.jpg
ニホンアカガエル Rana japonica?

しかし見る人が見れば発狂しそうな写真ですね・・

半数はえらい色素のうすいっぽい赤紫色ですが、これが孵化直後だからなのか、普通に色彩変異なのかはよくわかりません。
ただ他の方の写真を見渡してみると、たまに見られる色彩のようです。


  1. 2016/04/20(水) 00:37:55|
  2. カエル目
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カスミの輪くぐり

カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus

輪っかくぐりのカスミ。
ポイントに付いたオスによく見られる行動。しかし、偶然のはず。

しばしばサンショウウオのオスは産卵後、卵を守る、と記述されるが果たしてそうだろうか。
オスはお気に入りの産卵ポイントに繁殖期中長く留まるため、結果として放精した卵のそばにいる事になっているだけだと思う。

しかし水中でこれぐらい離れるとキレがないなぁ・・・。
広角マクロが本気で欲しい。

  1. 2016/04/14(木) 00:52:39|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

或るタワヤモリの死

タワヤモリ Gekko tawaensis
タワヤモリ Gekko tawaensis

茂みの中に、ヤモリの姿が。
傍にある岩から落ちたのだろうか。草に貼り付いているようだが、妙に不自然だ。

何というか体に力が入っておらず、だらんとした感じ。

タワヤモリ Gekko tawaensis
タワヤモリ Gekko tawaensis

そう、草に貼り付いまま死んでいたのである。
死因は不明だが、えらい痩せている。春が来てすぐに力尽きたのか。
ただ総排出口からか血が滲んでおり、他の要因かも。

恐らくフラフラになりながら草に上ろうとして、力尽きたのではないか。
不思議だがどこか美しい死体であった。

  1. 2016/04/06(水) 22:18:22|
  2. ヤモリ科 Gekkonidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬に越せず

IMG_6516-2.jpg
ヒミズかな?

春がやってきましたが、今さら冬に朽ち果てた生物を。1月の写真です。
トガリネズミはまぁ冬は大変だろうな。

IMG_6535.jpg

こちらはオオスズメバチ(?)の女王と思われ。
この写真を撮った数日前がやけに暖かかったので、出てきてしまったのかもしれません。


  1. 2016/04/06(水) 00:44:36|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (71)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード