Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

雑文 III リンネウスに捧ぐ

Litoria xanthomera Orange-thighed Frog Litoria xanthomera

「薔薇の名前が薔薇でなくとも、その美しさに変わりはない」

- GOだったかな?まぁ間違いなく間違ってるが、確かこんなニュアンスの台詞だったはず・・。これはシェイクスピアの芝居の台詞として紹介されていたが、確かにその通りだと思う。
名前がどうあれ、その本質に変わりはない。
ただ生物屋としては無視できないファクターであるのも事実。実際名前だけで好きになる事ってのもままあるし。特に学名ってのはある種絶対的なものだから、由来も含めて当然気になるところ。

- 例えば僕の一番好きなトカゲであるサンドスイマー(正確にはBroad-banded Sandswimmer)はEremiascincus richardsonii。Eremia=砂漠、Scincus=スキンク・・うん、悪くない。少なくとも語呂は良い。まぁrichardsoniiは献名だろうが、気にしない。Eulamprusは「良い・美しい」。
魚をやってた時はポリプのラプラティ Polypterus bichir lapradei なんかが好きだったな。これも種子名はフランス人だったかへの献名だったと思うがラプソティみたいで、品があり美しいと思う笑。恐らくそれが僕がエンドリに走らなかった要因の一つだ。
あと何気に好きだったのがアカメLates japonicus。英語の動物関係の本にもかなりの確率で登場するタンチョウにもjaponensisが当てられてるが、この辺は少し誇らしい。

- リンネウスは言うまでもなく偉大だが、個人的に彼が賢かったと思うのが学名の付け方をすべての生物群で統一したことだと思う。うまくは説明できないが例えばもし哺乳類と爬虫類で学名の付け方が違ってたら、げんなりである。そんなこと有り得ないことのように聞こえるかもしれないが、もし他の人が提唱していたら十分にそうなっていた可能性はある。

- で、最近気になるのがペット業界でのカタカナ学名。これはしょーがないが、やはり適切ではない場合が出てくるように思う。もはやそれがコモンネームだ!と言えばそれでいいのかも知れないが、その場合は学名を横に付け加えたりしてもいいのではないだろうか。学名というのは日々変化するものだし、細分化された時などの為に産地もしっかり明記しておくのがベストだと思う。まぁCBの場合は細分化されてしまうと交雑されてる可能性もありどうしようもないが。とにかく有効でない学名で呼ぶのは、ちょっとよろしくない。

- 逆に虫、特に標本をやってる人たちはそーゆう分類的な楽しみ方をしているのだろう。個人的にはそれが羨ましい。まぁ一部の小型魚や水草にもそういった風潮はあったが。

- で、所謂コモンネームに関しては、やっぱり固有名詞が当てられてると素敵だと思う。オーストラリアで言うとウォマやジャクラなんて名前と種自体が見事にマッチしてて素敵すぎる。

- ウォマがウォマである限り、ウォマはズグロより尊い。

- 逆にイマイチ印象に残らないのが形容詞を蛇だとか蜥蜴だとかにくっつけただけの名前。オーストラリアなんて爬虫類だけで900種以上いるから、そういったひねりのない名前が山のようにある。例えばBroad-headed Snake Hoplocephalus bungaroidesとか、こんなかっこいい蛇にそれは無いだろうと。
ただこいつなんてコモンネームがあるだけラッキーで、この国の大半の生き物にはそれがない。図鑑を捲っているとコモンネームの有無で、学者たちの思い入れがある種とない種がよくわかる。

- そう考えると日本の爬虫類は幸せだ。蛇なんて「波布」、「蝮」に「日計り」、更には「青大将」なんて粋な名前を持ってる。これは古来より蛇が人々の身近な存在であったと同時に、一定の尊厳を受けてきた証拠ではないかと思う。

- ただそう考えるとシマヘビは正直しょぼい。一番ザラ種であろうシマヘビ様に、もう少ししゃれた名前はなかったのか。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/20(月) 17:03:02|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ノビノビ! | ホーム | さかなクンに寄せて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyandfulworld.blog84.fc2.com/tb.php/143-46cdcb74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (69)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード