Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石鎚山椒魚

イシヅチサンショウウオ Hynobius hirosei イシヅチサンショウウオ Hynobius hirosei

四国唯一の固有両生類、もとい固有Herpetile(だよね??)。
しかし所謂流水系ということで確かに前回のカスミとは同属にしては結構違いますね。恐らく一部の人々は分けたくてしょうがないのでしょう。

P1250082.jpg 霊峰石鎚

で今回せっかくなのでわざわざ西日本で最も高い石鎚山まで実際に行ってきました笑。
まぁ一番の理由はもちろん一番確実な生息地だったからですが、やっぱり気分でますよね笑。

今回は別にハーパーでもなんでもないただの冒険好きの先輩達と3人で登りました。昔はヒメオオを探しになんどか来ましたが今回はそれ以上にハードな道程でしたとも。

イシヅチサンショウウオ Hynobius hirosei イシヅチサンショウウオ Hynobius hirosei

で本種ですがやっぱりデカイです笑。イマイチ予備知識がなかったのですが前回のカスミなんかとはまるで別物。
こういう素敵な生き物がいると故郷にも希望が持てそうだなぁ笑。

あと今回は割りとポンポン数がでて、2時間あまりで成体3匹幼体3匹の計6匹でした。

イシヅチサンショウウオ Hynobius hirosei イシヅチサンショウウオ Hynobius hirosei

こうなるとやっぱり気になるのが分類事情ですが によるとHynobiidaeはまだ化石が出てないとのことでその辺はどうなんでしょうね?
Cryptobranchidaeは割と広範囲に分布していたようですが・・。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/03(火) 00:37:58|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<イエアメガエル | ホーム | カスミサンショウウオ >>

コメント

すごい存在感ですね・・・!
イシヅチサンショウウオは手持ちの図鑑に載ってなかったのですが、
最近になってオオダイガハラから分かれたのですね?ずいぶんと学会誌を
チェックしてなくて知りませんでした(汗
これはそのうちぜひ見に行きたいです。
  1. 2011/05/04(水) 00:50:33 |
  2. URL |
  3. やせがま #-
  4. [ 編集 ]

イシヅチきましたね!!
一枚目がめっちゃ格好良い。。

ヒダよりもっとでかい渓流性有尾とかかなり憧れです。ベッコウはいろんな意味でやばかったですが、本種も無骨で渋いですね。

化石の話はどうなんでしょ。ちょっと大学で論文探してみますね。あったらお送りします笑

そういえば、先日の記事のカスミはなんだか小さく見えましたが幼体だったんでしょうか。
フォルムからハクバのように見えました笑
  1. 2011/05/04(水) 07:23:59 |
  2. URL |
  3. ジーク #-
  4. [ 編集 ]

≫やせがまさん

僕なんて見に行く直前までオオダイガハラだと思ってました苦笑。見た目にもほとんど差異はないらしいですしね。

ただオオダイガハラと違って特に保護種指定のようなものもないですし見つけやすい種類ではないのかなと。少なくとも四国では一番普通種だと思います。

なにせアクセスの悪い島ですがお寄りの際はぜひ声を笑。
  1. 2011/05/04(水) 21:51:25 |
  2. URL |
  3. Nyandful #-
  4. [ 編集 ]

≫ジークさん

ヒダに比べればだいぶ地味ですが・・まぁ前向きにそれが長所だと思ってます汗。
てかベッコウ見たことがあるのですか!?羨ましい・・・・アレは究極ですよねぇ。

論文の件はお願いします!!とりあえずサンショウウオ科に関してあれば何でも笑。

カスミはどうなんですかね?確かにTL8cmぐらいで
かなり小さかったですしせいぜい亜成体ぐらいだったのかも・・。逃げた1匹はもう少し大きかったと思います。

  1. 2011/05/04(水) 22:04:41 |
  2. URL |
  3. Nyandful #-
  4. [ 編集 ]

>>Nyandfulさん
おお、ぜひそのうち連れてってください!!
  1. 2011/05/15(日) 01:22:38 |
  2. URL |
  3. やせがま #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/02/08(水) 19:28:29 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyandfulworld.blog84.fc2.com/tb.php/184-f89c576e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (71)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。