Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨と蜥蜴

 Prickly Forest Skink Gnypetoscincus queenslandiae Prickly Forest Skink Gnypetoscincus queenslandiae
さて地中性の爬虫類が雨の後によく地表にでてくるというのは皆さんご存じのことと思う。
本日はこれについていくつか理由を考察してみた。

1 湿度の関係
地中では普段湿度が地表よりも高く地中性の生き物はこれに適応している。で雨後は地表でも湿度が上がるので地中性の連中も遠慮なく出てくるのではという話。

これは知人の学者に尋ねたところ多分こうだと思うよと返ってきた答え。この人が言うのだからかなり確実であろうと同時にはっきりとはわかっていないのかと思い今回これを書いてみた。


2 土が掘りにくくなる
雨が降った土が固まって掘り進みにくくなり地表に出てくるという説。十分理由になり得そうに思えるが雨が降ってなくとも湿度が高い日も地表に出てくることが多いし説明にはなってないのかも。


3 呼吸がしにくくなる
これはフクロモグラ Notoryctes sppも雨の日に地表に出てくることが多く、そのフクロモグラの研究をしていたレンジャーの方が推測していた理由。


ざっとこんなところか、もちろんこれらが合わさっているのかもしれないし餌の関係なんかもあるのかもしれないがとりあえず雨の後は爬虫類的にはおいしいという事。

ただ一つ前々から疑問なのだが雨中はどうだろう?個人的には答えが出せないでいるがもし何か思うところがある方は教えてくださいな。


スポンサーサイト
  1. 2011/07/22(金) 00:40:09|
  2. スキンク科 Scincidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本人の限界 | ホーム | ヒメアマガエルの一種>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyandfulworld.blog84.fc2.com/tb.php/208-20ea21bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (71)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。