Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

でかすぎる蛾

Wood Moth Endoxyla sp Wood Moth Endoxyla sp
ボクトウガ科。こちらでは成虫よりも幼虫のアボリジニの食料Witchetty grubとしての方が有名。

とにかく大きい。翅長は約16cm、本属Endoxylaは世界最重量の蛾といわれているがそれも納得。太さが違う。

Wood Moth Endoxyla sp Wood Moth Endoxyla sp
でも大きさを比較する写真を撮ってなかったのが残念ですね。頑張って手に乗せればよかった。

同定に関しては自信がなかったのでspに。ほぼ間違いなく羽化直後ですし。

15/02/10 追記

ほぼ間違いなくGiant Wood Moth E. cinereusと思われます。横幅は22cmに達するよう。

Wood Moth Endoxyla sp Wood Moth Endoxyla sp
ライトを当てたらパニくられてちょっと怖かった・・。もの凄いでかい音出して羽ばたくんですよ・・。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/15(月) 22:20:23|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Garden Orb-weaving Spider | ホーム | サンドスイマー>>

コメント

これは凄すぎです…。
成虫を手にのせてみたい!
幼虫も食べてみたい!
です。
  1. 2010/02/15(月) 23:49:23 |
  2. URL |
  3. spatica #-
  4. [ 編集 ]

出ましたね!巨大ボクトウガ!
僕もテレビなんかで幼虫は見たことあるんですが、成虫も大迫力ですね。前脚の毛と、跗節のシマシマが素敵です。
そういや、昔マレーシアの町中で同じくらい大きなボクトウガを捕まえたのですが、傍を歩いていた白人のおばちゃんが「Oh No~!」とか悲鳴を上げてました(笑)

是非幼虫を食べてみたいです。
確か、オーストラリアでは大群飛して移動するヤガの仲間(Bogong mothでしたっけ?)も食べるのですよね?
  1. 2010/02/16(火) 07:18:56 |
  2. URL |
  3. acraeoides #aCXfCcIc
  4. [ 編集 ]

>spaticaさん。

大きさが伝わればいいのですが・・。

手に乗せなかったことは後悔してますが納豆も食えないほどの食わず嫌いですので食べたいとは思いません笑。
あーでもから揚げにするとイケそう・・外はサクサク中はモチモチで。

あと追記で書きましたが恐らくE.cinereusと思われます。

こちらもベトナム編最終章楽しみにしております。ものすごい数の蝶ですよね・・個人的には赤班のマルバネクワガタがツボでした。
  1. 2010/02/16(火) 23:08:15 |
  2. URL |
  3. Nyandful #-
  4. [ 編集 ]

>acraeoidesさん

ライトに寄って来るコウモリなんかより全然大きかったです笑。あとやはり東南アジアにもいるのですね。今度アップお願いします。

Bogong mothについては恥ずかしながら知りませんでした。ググったところしっかり成虫を食べていたようですね。まぁBogong mothにせよWitchetty grubにせよ今でも普通に食べてる人はいないと思いますが。

コウモリガ科のAbantiades属もEndoxylaと同じ要領で食べられていたそうです。
Abantiadesも同じぐらい大きくなる上さらに目にする機会は多いと思うのでそのうち写真を撮れたらいいのですが。
  1. 2010/02/16(火) 23:26:08 |
  2. URL |
  3. Nyandful #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyandfulworld.blog84.fc2.com/tb.php/39-08fce976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (71)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。