Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

ミナミヤモリ革命

ミナミヤモリ Gekko hokouensis
ミナミヤモリ Gekko hokouensis

珍しく(?)森の中で見つけたミナミヤモリ。

ミナミヤモリを見たのは屋久島、和歌山と三ヶ所目ですが、ここ自然分布の奄美大島にて漸くその魅力に気づく。
こんなかっこいいヤモリだったか・・。

この個体は卵持ちですが、ほっそりした体形が良いですね。

ミナミヤモリ Gekko hokouensis
ミナミヤモリ Gekko hokouensis

この地味さが逆に良い。分布が広いザラ種という事で侮っていましたね。

僕はタワヤモリ主義者(?)なので、どっちかってと大陸の同属種に近年興味があって、ミナミヤモリ種群にはそこまで関心がなかったのですが、今回の奄美で大分認識が変わりました。
しかしあんまし写真撮ってなかったので、直ぐにでも撮り直しに行きたいものよのぅ。


スポンサーサイト
  1. 2016/05/22(日) 01:35:26|
  2. ヤモリ科 Gekkonidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<バカマタ | ホーム | ヒメアマガエル>>

コメント

Nyandful 様

ミナミヤモリいいですよね~~
個体による差も少なくなくカッコイイです。


あと
自分のブログで返信するのが遅れてしまい
同じ内容ですがこちらにも書かせてもらいました。
以下、私のブログの返信と同文です。
返信が遅くなってしまい申し訳ありません
ホオグロでも自然下で見れたのはとてもラッキーだと思いますよ。

僕は自然化では全くみたことないので
タワヤモリは海岸線に多いといいますが
やはり、頻繁にフィールドに通うしかないですね

ちなみに、タワともさまはミナミ・アマミヤモリを大型鱗の密度で判断可能かご存知でしょうか?一応記載文でも記述ありますが、確実な方法なのかなと。
一応アマミらしい個体は見つけたのですが、メスなのもあり同定の決め手がなくちょっと困っております・・。
→アマミとミナミですが、確かに前肛孔も同定の大きなポイントですが、

実は前肛孔は確実ではありません。

大型燐の密度に関する違いはありません。
同定のポイントとしては
背面、腹面の模様の違い
鼻孔周辺の燐数などで同定できますよ

よければ、記載論文をお送りしましょうか?
  1. 2016/05/22(日) 21:52:43 |
  2. URL |
  3. タワとも #-
  4. [ 編集 ]

タワとも様

お気遣い有難うございます。
丁度そちらのブログに返信書いているところでした。
こちらこそ、申し訳ないです。

ホオグロは建物の中だったので、あんまし有難味なかったです・・。
タワヤモリはそうですね、回数通って、密度の高い場所でひたすら待つしかないですよね。

大型鱗は使えないのですね・・。
記載論文に大型鱗の違いについて記載があり(DTR9以上vs9以下)、また知人が採集した小宝島産の個体の大型鱗も少なかったので、使えるのやもと思いました・・。

今検討中の個体は腹側の模様ではミナミです。
ただ背面の模様については正直記載論文にある内容では正直理解し難く困っています・・。
鼻孔周辺の燐数では、どのように判断できるのでしょうか?

あと、良ければリンクさせて頂いても宜しいでしょうか?
  1. 2016/05/22(日) 22:23:54 |
  2. URL |
  3. Nyandful #-
  4. [ 編集 ]

Nyandful 様
タワともです。

返信が非常に遅くなってしまい申し訳ありません。
(まあ、基本的に返信は遅い方なのですが^^;)

同定の件まとめますと
アマミ
第3.4前肢の指下板が四枚より多い
第3.4後肢の指下板が三枚より多い
鼻の間にある口のすぐ後ろの鱗が相対的に大きい

ミナミ
第3.4前肢の指下板が四枚以下
第3.4後肢の指下板が三枚以下
鼻の間にある口のすぐ後ろの鱗が相対的に小さい
という点で同定できます。

かなり些細な違いですが、頑張ってください

リンクの件了解です。
こちらの方は先に貼っておきますね
  1. 2016/06/02(木) 02:25:00 |
  2. URL |
  3. タワとも #-
  4. [ 編集 ]

タワとも様

指下板ですか・・。
同定に迷っている個体が居まして、写真はあるのですが指下板もその鱗(鼻間板?)も綺麗に映ってないので同定に使うのは難しいです。
背面の模様ではアマミかなと思っているのですが、差支えなければ写真から同定お手伝いいただく事は可能でしょうか?

リンクの件、有難うございました。
こちらもリンク張らせて頂きます!

  1. 2016/06/04(土) 17:37:03 |
  2. URL |
  3. Nyandful #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyandfulworld.blog84.fc2.com/tb.php/577-67ffa5bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (69)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード