Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニホンカナヘビ

ニホンカナヘビ Takydromus tachydromoides ニホンカナヘビ Takydromus tachydromoides

やはり普段見ているスキンクとはずいぶん違う、形態・生態的にももしオーストラリアにいると「相当変わったトカゲ」になるのだろう。
千石先生の初めての論文は本種についてのものだったらしいがそれも納得の魅力あるトカゲですな。

うーむしかし田舎だと足がないと不便この上ない。ヒメオオとか見に行きたかったが近所の川辺で我慢。まぁ日本のものについては焦る必要はまったくないし。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/10(木) 22:13:14|
  2. カナヘビ科 Lacertidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雨蛙の唄 | ホーム | 一時帰国>>

コメント

カナヘビは日本人には身近過ぎてあんまり意識されませんが、魅力溢れるトカゲだと思います。

ヒメオオは成虫にはまだ早いような気がします。材中では羽化してるかもしれませんが…
  1. 2010/06/11(金) 12:27:02 |
  2. URL |
  3. acraeoides #-
  4. [ 編集 ]

>acraeoidesさん

カナヘビはいいですよね、この写真はダメダメですが笑。
南に行くほど尾の割合が長くなると聞いたのですがうちの島ではこのように他と大差ないようです笑。福岡ではどうですかね。

>ヒメオオは成虫にはまだ早いような気がします。

やはりそうなのですか・・。少しでも可能性があるのならと思っていたのですが。
いるのは聞いていたのですがなかなか機会がありません、昔から憧れなのでどうにかしたいのですが地元の資料館では「少々多産する」というよくわからない説明です笑。

acraeoidesさんはチャイロマルバネなど見られてるそうで羨ましい限りですよ。
  1. 2010/06/11(金) 17:52:30 |
  2. URL |
  3. Nyandful #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyandfulworld.blog84.fc2.com/tb.php/79-b0821fb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (71)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。