Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒガシウォータードラゴン

ヒガシウォータードラゴン Eastern Water Dragon Physignathus lesueurii lesueurii ヒガシウォータードラゴン Physignathus lesueurii lesueurii

もの凄い長いこと自分のPCに触ってませんでしたがとにもかくにもQLD第一弾はヒガシウォータードラゴンです。

第一印象としては「頭のでかいトカゲ」。成長したオスはLucasium属のヤモリばりに頭でっかちだな。

ヒガシウォータードラゴン Eastern Water Dragon Physignathus lesueurii lesueurii ヒガシウォータードラゴン Physignathus lesueurii lesueurii

その名の通り水回りに多い、というより水から離れたところでは見たことがありませんね。
写真のように水から頭出したまま静止した個体もいますが確かに水中で一時間以上潜っていられる彼らのこと、陸に上がるよりは安全なのかもしれない。
しかしいろいろとイグアナちっくなトカゲ・・。多くの大型トカゲに共通するが大型個体ほど果実食の傾向が強まるよう。確かにこの頭部で昆虫食は無理があるのでは。

川岸を歩いてると何度か本種が枝から池に飛び込んだところに遭遇したことがありますがアレが取れたらかっこいいだろうなぁ・・。


ヒガシウォータードラゴン Eastern Water Dragon Physignathus lesueurii lesueurii ヒガシウォータードラゴン Physignathus lesueurii lesueurii
こちらの地味な子はメスか・・。

オスに比べるとずいぶん華奢で体色も控えめ。しかしもちろんトカゲとしてはなかなかの体格でウォータードラゴンでもなければ「Robust」などと説明されるのだろう。
オスの方がバンドも発達するがテリトリー習性に起因するのかもしれない、オープンなところにでる事が多いだろうしね。

普段の個人的な好みでいうとこういった控えめな方が好きなのだがしかし何といっても・・・


ヒガシウォータードラゴン Eastern Water Dragon Physignathus lesueurii lesueurii ヒガシウォータードラゴン Physignathus lesueurii lesueurii

フルサイズの雄個体の迫力は反則。
場所によっては相当に人慣れした個体もおりよく小さな子供などが追いかけまわしているがその気になれば指の爪ぐらい簡単に砕くことができることを忘れてはならない。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/24(木) 20:47:55|
  2. アガマ科 Agamidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<アミナゲグモ | ホーム | 北へ>>

コメント

こんにちは
nyandfulさん

雄個体の迫力物凄いです!
色模様カッコイイ!
頑張ってください!!!
  1. 2010/06/25(金) 08:47:41 |
  2. URL |
  3. taka #-
  4. [ 編集 ]

やはり迫力がありますな。
アガマ科で一番好きかもしれませぬ。
  1. 2010/06/25(金) 15:17:33 |
  2. URL |
  3. acraeoides #aCXfCcIc
  4. [ 編集 ]

≫takaさん

もー少し給料でないとがんばれません笑。

色の揚がった雄はヤバいですね。生態や大きさばかりが注目されますがアガマとしては派手な部類だと思います。
  1. 2010/06/26(土) 12:10:32 |
  2. URL |
  3. Nyandful #-
  4. [ 編集 ]

≫acraeoidesさん

こいつらは写真映えがするので助かります。でもこないだのacraeoidesさんのベトナムのアガマもだいぶ凄かったですよ。

アガマだと何でしょうね・・。トゲオアガマの類は見てみたいですが無難にフトアゴも好きですねぇ。
  1. 2010/06/26(土) 12:27:50 |
  2. URL |
  3. Nyandful #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyandfulworld.blog84.fc2.com/tb.php/82-eeed0689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (71)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。