Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

オガサワラヤモリ

Lepidodactylus lugubris オガサワラヤモリ Lepidodactylus lugubris

Mourning Geckoことオガサワラヤモリ、豪州にもいます。

ただオーストラリア内での本州の分布は自然分布ではないとの見方が強く、帰化種扱いされることも多いようです。

帰化種説の根拠としては生息地は主に民家周辺であること、国内での分布が飛び石的でありまた現在も分布を拡大中であることですが本種はホオグロヤモリHemidactylus frenatusと違い自然下でも少なからず見られる事、ニューギニア等の近隣地域にも分布していることなどから自然分布の可能性も否定はできない、のですがまぁどちらにしても証拠がない。

大陸内ではありませんが豪州領域の島々には在来の同属種L.pumilisも生息しており実際自然分布の可能性も高いのですが移入種クサイのも確か。恐らくオーストラリア国内では未来永劫どっちつかずの扱いをされてゆくのでしょう。

Lepidodactylus lugubris オガサワラヤモリ Lepidodactylus lugubris

実際の生息状況ですが確かに数は多そうですがホオグロヤモリに対しかなり劣勢のようで、同じ所で生息する場合はホオグロヤモリにライト周辺を陣取られ端の方でひっそりと暮らしているようです。

いろいろと不遇な本種ですが実際はこじんまりとしたスタイルと曲がったままの尾が可愛らしく、思いのほか魅力的なヤモリでしたよ。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/27(金) 00:00:47|
  2. ヤモリ科 Gekkonidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<拒絶の棘 | ホーム | トゲトゲキリギリスの夜>>

コメント

こんにちは
オガサワラヤモリもいるんですね~

知りませんでした

帰化なのか在来なのか???
  1. 2010/08/27(金) 07:38:26 |
  2. URL |
  3. taka #-
  4. [ 編集 ]

≫takaさん

まぁ分布はめちゃめちゃに広いですからね。結構びっくりすると思いますよ。

まぁ少なくとも生息地のいくつかでは移入されたのでしょう。
  1. 2010/08/28(土) 00:46:19 |
  2. URL |
  3. Nyandful #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyandfulworld.blog84.fc2.com/tb.php/98-d63c6a7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

プロフィール

nyandful

Author:nyandful
常に眠い!!


リンクの際はできれば一声かけてください。

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (71)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード