Nyandfulな日々。

オーストラリアより、爬虫類・蟲 etc....

青バナナ

ヒダサンショウウオ Hynobius kimurae
ヒダサンショウウオ Hynobius kimurae

東京にて。
やはり神戸近郊とはちょいと形状が違う。

こう言っちゃなんですが、普通に美味そうだと思う。ポン酢でちゅるりといきたい。
とは言っても、実際は水っぽくて不味いんだろうけど。

もうちょっと卵が詰まっていたら、食えなくもないかもしれない。
(注:絶対に食べないで下さい)


  1. 2016/02/29(月) 22:47:54|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アベサン

アベサンショウウオ Hynobius abei
アベサンショウウオ Hynobius abei 卵嚢

イブイブ(12/23)にアベサンショウウオの調査に同行しておりました。2015年のラスハペですね。
ずんぐりした体形が非常に好みで、長らくの憧れの種。
今回人脈をフル動員して厚かましくも調査に同行させて頂き、写真を撮ってきました。
繁殖期は国産Hynobiusで最も早いだけあり、かなり発生の進んだ胚も多くありましたね。

本種は各地で厳重に保護されており、行政・民間両者による繁殖地の見回りも行われています。
採集はもちろんの事、観察にも許可が必要なのでご注意を。

  1. 2016/01/04(月) 11:40:14|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カスミ、上陸の季節

カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus
カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus

カエル達がゲコゲコと鳴いている頃、サンショウウオがそろそろ上陸を始めたよう。

この個体は恐らく既に準備万端。この大きさで既に尾が色づき始めている。
とはいってもまぁ、大半の個体はまだ外鰓が残ったまま。

IMG_9265.jpg

同じ場所にいたアメンボ。セアカ?
レンズが増えて以前より遥かに寄れるようになったので、小っちゃい世界を撮るのが楽しくてしょうがない。



  1. 2015/06/28(日) 23:37:21|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山椒魚の滝登り

カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus
カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus

繁殖活動を終え、滝登りを敢行するカスミ。
二月下旬の雨上がりには非常によく見られる、ある意味風物詩。

しかし垂直なコンクリートの壁を登りきるのは、なかなか大変なようです。
側溝の落ち込みに産卵するした後や側溝内で変態しても、そのまま脱出できない個体も相当数いるのではないでしょうか。


カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus
カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus

今季はカスミの減少をいろいろな形で実感しました。
2週間ほど前に研究者の方々と話す機会がありましたが、やはり各地でも結構ヤバい状況のようです。

  1. 2015/03/01(日) 00:23:45|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バナナの木

カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus
カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus

尻尾を振り続けるオス。
この枝端に、未だ命をぶら下げようとしている。
サンショウウオの卵塊をして良くバナナ型と形容されますが、こんな枝がいくつも水中を漂っている、バナナの森。
写真には写っていませんが、この枝には他にも2,3匹のオスが纏わりついていました。

先週と或る御仁のご厚意で、と或るカスミの産卵地に案内してもらいました。
ここで撮れなきゃどこ行っても撮れないわ、と思えるほどの超優良地でしたが、産卵はまたしてもお預け。うぅむ。

しかしこういう環境ならここまで生息密度が上がるのですね・・。いろいろと勉強になりました。


  1. 2015/02/24(火) 01:16:17|
  2. サンショウウオ科 Hynobiidae
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

フリーエリア

プロフィール

nyandful(雲猫)

Author:nyandful(雲猫)
爬虫類・両生類メインの写真屋。飼育や読書も少々
日本爬虫両棲類学会会員

Mail:baby-star-sin @ hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

カテゴリ

蜥蜴亜目 Sauria (126)
スキンク科 Scincidae (28)
カナヘビ科 Lacertidae (9)
アガマ科 Agamidae (11)
ヤモリ下目 Gekkota (0)
ヤモリ科 Gekkonidae (22)
イシヤモリ科 Diplodactylidae (7)
カワリオヤモリ科 Carphodactylidae (3)
ヒレアシヤモリ科 Pygopodidae (2)
オオトカゲ科 Varanidae (4)
蛇亜目 Ophidia (60)
コブラ科 Elapidae (11)
ニシキヘビ科 Pythonidae (4)
ナミヘビ科 Colubridae (35)
メクラヘビ科 Typhlopidae (1)
亀 (10)
カエル目 (71)
アマガエル科 Hylidae (28)
カメガエル科 Myobatrachidae + (Limnodynastidae) (5)
ヒメアマガエル科 Microhylidae (4)
アオガエル科 Rhacophoridae (31)
ヒキガエル科 Bufonidae (9)
有尾目 (33)
サンショウウオ科 Hynobiidae (29)
蟲系 (60)
昆虫 (33)
蜘蛛・蠍 (18)
其の他蟲 (3)
鳥類 (4)
哺乳類 (11)
植物 (17)
プチ遠征 (1)
雑記 (72)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード